気になるムダ毛のお手入れ

風俗のお店で働く女の子にとって「ムダ毛のお手入れ」は大事な問題です、とくに男性客の接客をするときに洋服を脱いでプレイをするスタイルの風俗店では、場合によっては体のすみずみまで見られてしまう可能性がありますから、ムダ毛をそのままにしておくと恥ずかしい思いをしてしまう危険があるんですよ。

 

 

女性の場合は男性に比べて体毛がそれほど濃くありませんから、普段あまり自分の体のムダ毛を処理する機会のない人とか、ムダ毛なんか全然生えていないからムダ毛の処理なんか必要ないと思っている人もいるかも知れませんね。

 

 

定期的にムダ毛の処理をしている女の子でも、お風呂やシャワーで体を洗うときなどに女性用のシェーバで、二の腕や脚に生えているムダ毛をササッと剃(そ)るだけで済ませている人も多いのではないでしょうか。

 

 

でも、風俗のお店で男性客の接客をするのがお仕事の女の子なら、もっと気になる部分のムダ毛の処理をすることを忘れてはいけませんよ、その重要な部分というのはズバリ「デリケートゾーン」のムダ毛です、せっかくオシャレなファッションで男性客をお出迎えしてメイクだって頑張っていたのに、肝心の部分がモジャモジャのままでは相手の男性もビックリしてしまいます。

 

 

男性にとって女の子の大事な部分はいつまでも憧れの対象ですから、普段からムダ毛の処理はしっかりとやっておかなくてはいけません、それが指名してくれた男性客をリピーターにするための秘訣でもあるんです。

 

 

女の子の大事な部分のムダ毛には、鏡に体を写した時に見えるビキニラインのムダ毛と、そこからさらに下にあるI(アイ)ラインと言う部分のムダ毛があります、最近ではビキニラインのムダ毛を逆三角形にトリミング処理して、アイラインの両側にあるムダ毛はすっかり取り除いてしまうのが流行しているそうです。

 

 

この場合は、わざわざエステサロンなどに行ってムダ毛の処理をしてもらわなくても、女性専用のシェーバーなどを利用してトリミングすることができますが、その時にあまりゴリゴリシェーバーを当ててしまうとカミソリ負けをしてしまう危険がありますから注意してください。

 

 

デリケートゾーンのムダ毛を処理する女の子の中には、オシリの部分に剛毛が生えてしまっているという女の子がいる場合がありますが、このようなムダ毛を処理するのは専門のエステサロンでやってもらうほうが安心です。

 

 

オシリの部分のムダ毛は自分で処理するのは難しいですし、意外と男性客の注目を集めてしまう場所なので、キレイな仕上がりを期待するのならムダ毛処理のプロにお任せしたほうが良いでしょう。

 

 

現在風俗のお店で働いている現役の風俗嬢の女の子はもちろんですが、これから風俗のお仕事に挑戦しようと思っている女の子も、自分の体に自信を持って接客することができるようにデリケートゾーンのムダ毛の処理はしっかりやっておくようにしましょう。

ムダ毛処理で後悔しない

肌の露出が激しくなることの多い夏の時期には、腕や脚、脇の下などのムダ毛は女性なら誰でもきちんと処理していると思いますが、季節に関係なくムダ毛の処理をする必要があるのが風俗のお店で働いている女の子たちです。

 

 

せっかく自分を指名してくれた男性客の前ではムダ毛のないすべすべのお肌で接客したいと思うのは当然ですよね、でも、風俗のお仕事をしている女の子にとってムダ毛の処理をするのは見た目の問題だけでなく、自分を指名してくれる男性客を増やすことにもつながりますから重要な意味があるんです。

 

 

とくに体の中でもデリケートな部分のムダ毛の処理をする時には、正しいやり方で行わないと後でお肌のトラブルを起こして後悔してしまうことになりますから、十分に注意しておかなければいけません。

 

 

でも、ムダ毛の処理をするためだけにわざわざ遠くのエステサロンに通うのは大変ですよね、でも自分でムダ毛の処理をするのは不安と言う人も多いのではないでしょうか。

 

 

そこで、いちごナビという広島の風俗求人サイトに載っていた自分でデリケートゾーンのムダ毛を処理するときの注意点をご紹介してみましょう、普段から定期的にエステサロンでムダ毛の処理をしている人でも、気になった時に自分でケアすることもあると思いますから、これからご紹介するムダ毛処理で後悔しないポイントを覚えておいてくださいね。

 

 

体の中でも皮膚の薄いデリケートゾーンのムダ毛を処理する方法には、「剃(そ)る」「抜く」「溶かす」という三つの方法があります、それぞれの処理方法には注意しなければいけないポイントがあります。

 

 

「剃るムダ毛処理方法」
カミソリや女性用シェーバーなどを使用してムダ毛を剃る処理方法は、お風呂やシャワーで体を洗うときに手軽にできて便利な反面、カミソリ負けを起こしてしまう危険があります、せっかくムダ毛をキレイに処理しても後で皮膚が赤く腫(は)れてしまったりすることがあります。

 

 

ムダ毛を剃って処理するときには一度使用したカミソリや女性用シェーバーを使わないことが大切です、もちろん他の人が使用したものを使いまわすのはエイズや性感染症(せいかんせんしょう)などの病気を伝染されてしまう原因になりますから絶対にやめておきましょう。

 

 

「抜くムダ毛処理方法」
毛抜きやムダ毛専門のピッカーなどを使用してムダ毛を根本から抜いてしまう処理方法は、お肌がすべすべになって気持ちが良いと感じる人が多いのですが、ムダ毛を抜くのは痛みが強いので皮膚が敏感な人にはあまりおすすめすることができません。

 

 

それに、一度抜いた毛穴から再びムダ毛が生えてくるのを止めることができないために、新しく生えてきたムダ毛が皮膚の下に潜り込んで埋没毛(まいぼつもう)になってしまうことがありますから注意してください。

 

 

「溶かすムダ毛処理方法」
このムダ毛を溶かしてムダ毛を処理するやり方は、ほかの処理方法に比べて「あとでチクチクしない」とか「カミソリ負けをしない」などのメリットがあります、ただし、リムーバーなどでムダ毛を溶かして処理するために、皮膚の表面から見えているムダ毛しか処理することができません。

 

 

触った時の手触りの良さと、皮膚のトラブルが少ないことから、男性客の接客をする風俗嬢には向いているかも知れませんが、定期的なムダ毛の処理をする面倒くささはあるかも知れませんね。